2006年07月31日

本州最南端の地、串本

やっと関西もやっと梅雨が明けました。暑〜夏を存分に体感しましょう。ビ〜ル飲みすぎて夏痩せならぬ夏太りにはよ〜く気をつけましょう。(と自分に言い聞かせる自分です。自分の振り見て我が振りなおしましょ!)

今日は、お仕事で本州最南端の地、和歌山県の串本町に行ってきました。
釣り具メーカーさんの来年のカレンダーのための撮影です。心配していた天気も日ごろの行いがいいのか目にしみるような青空となりました。
朝4時40分、ホテルのロビーにスタッフ集合。コンビニでお茶やおにぎり買い込み出発。潮岬に行きました。この潮岬は北緯33度26分、東経135度46分、本州最南端の地です。これは、東京の八丈島とほぼ同緯度に位置するそうで台風の通り道としても有名です。テレビで台風のニュースを見るとリアス式海岸に高波がザブーンっていうあの映像のところです。
潮岬の展望台で今回の撮影の被写体となる釣りのU名人と合流。スパイクシューズにフローティングベスト(海に落ちたときのための救命胴衣)釣り人さながらの装備で地磯へ出発。岩の岸壁の山を何個越えたでしょう、太平洋の波の当たる撮影地に到着。
朝日に向かってキャスティングするU名人、かなりかっこよかった。、
本人曰く、「釣れなくてかっこ悪かった。」の一言。

474S3343.jpg

撮影のグッドコンディションは、釣りにとってバッドコンディション。
このことが思い知らされた一日でした。両方なかなか欲張れませんね。

明日から8月。猛暑厳しい折、皆様くれぐれもお体にご自愛ください。

大亀京助

追伸、さうす様、本日は御世話になりありがとうございました。スペシャリティーカーの乗り心地は抜群でした。
posted by フロイネッツ at 16:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。