2006年11月26日

日本海の花嫁

東京の個展が終了した翌日、私は福井県にいました。以前から仕事でお世話になる映像会社に勤める津久田さん(仮名・以下ツクちゃんと記)が結婚式を挙げるというので撮影にはせ参じた次第でありました。彼女は私と出身大学が同じこともあり、親しみを感じておりました。そのツクちゃんのお相手は中田ヒデ似の幼友達、お二人の地元での挙式となりました。本当にいい経験でした。彼女は実家が旧家という事もあり花嫁は生まれ育った家から嫁ぎます。新郎の家から来る使者を待つ間、彼女は家族にご挨拶。彼女が家族を愛し家族をはじめみんなに愛され育ってきたことが身にしみてわかりました。ご近所さんの祝福の中彼女は嫁いで行きました。家の前を通り過ぎるとき彼女たちが飼っていたワン公もお見送り。印象的な光景となりました。

佃1.jpg

ツクちゃん、ヒデとの人生がより多くの幸せを生みますよう心よりお祈り申し上げます。

大亀京助
posted by フロイネッツ at 21:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

「旅の途中・ベルリン」東京展終了、次は大阪!

WO1W6281.JPG
「旅の途中・ベルリン」より

我が個展「旅の途中・ベルリン」東京展は無事11・16に終了いたしました。約4600人という大勢の人に見ていただくことができました。やはり「ギリギリ親父」炸裂のおかげでキャプションのスペルの間違いや、コメントなど考えていて間に合わなかったものもありました。なんと言ってもショックだったのは搬入のときしっかり額にとめたはずの写真がほとんど外れていたことです(今回ちょっと変わった見せ方をしたせいか)。ほとんどが手作りのため不安が一杯。心臓が口から飛び出そうでした。搬入をお手伝いしていただいた方々に助けていただき何とか間に合いました。株式会社フレームマンの皆様本当にありがとうございました。皆さんの顔が神様に見えました。でもいろいろありましたが撮りたかった写真でやりたかった個展ができたことを大変満足しております。そして今回はほとんど毎日会場にいることができいろんな人のご意見を聞くことができ大変勉強になりました。中でもドイツ大使館の方に偶然見ていただけることができいろんな感想を言っていただいたことが印象に残ります。この「旅の途中」シリーズの個展をするときはいつも思うことがあります。日本人の私が外国の写真を撮った場合、日本人の目には珍しい光景でも、ネイティブな方が見たら「こんなん普段の風景や、普通やなぁ。」なんて思われてるんじゃないかって。今回何人かの欧米系の外国人の方に見ていただいて感触が良かったのでちょっと安心しました。
足を運んでいただいた方々に心よりお礼を申し上げます。そして沢山の人の御協力があって出来た写真展だったと思います。皆様、本当にありがとうございました。今度は2007/01/26より大阪展です。まだお越しでない方 是非お越しください。よろしくお願いいたします。
http://www.freunetz.com/berlin/

大亀京助

posted by フロイネッツ at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

恐るべしフジフォトサロン東京銀座

ただいま東京にて大亀京助写真展「旅の途中・ベルリン」を開催中
詳しくは  http://www.freunetz.com/berlin/ まで
今までお越しいただきました皆様、どうもありがとうございます。

さすが東京銀座、見ていただける方も一日平均600人ぐらい。ここフジフォトサロン東京は日本で一番人の入るフォトギャラリーといっても過言ではないでしょう。さまざまな意見も聞くことができ、かなり勉強になりました。そんな中11/13の毎日新聞夕刊で少し写真展の紹介をしていただける事ができました。光栄なことです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20061113dde014040025000c.html

新聞記事.jpg

午後8時、キャラリーが閉館すると、こちらでお世話になっている方々とミーティング(といってもただの飲み会)に急ぎます。ここは銀座といっても有楽町と隣り合わせの立地。有楽町と言えば、石原裕次郎の「有楽町で会いましょう」ですよね。さぞかしおしゃれな大人の町。行ってきました大人の店。ここはタイかと思わせる屋台が立ち並ぶJRの高架下のもつ焼きやさんです。焼き物の煙が充満する中、昼間は第一線で働いているだろうと思わせるサラリーマンがいるかと思うと、おしゃれなカップル、はたまたアメリカ人のグループなど客層はばらばら。このアンバランスさがなんともいえませんでした。

伊藤さん3.jpg 伊藤さん2.jpg

今日でその写真展残すところ2日。もう終わりかと思うと寂しいような気がします。
そして、今日も「ミーティング」がんばります。

大亀京助


posted by フロイネッツ at 11:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

Auf dem Weg BERLIN /旅の途中・ベルリン

始まりました、大亀京助写真展「旅の途中・ベルリン」東京銀座展。

個展・旅の途中.jpg

1999年から今年の8月まで通い続けたベルリンの成果です。準備がぎりぎりまでかかり本当に開催できるかと不安に思っておりましたがまた「ギリギリおやじ」の本領発揮です。近くにお立ち寄りの際は是非お立ち寄りください。そしてお忙しい中わざわざ足を運んでいただきました皆様本当にありがとうございました。

初日の晩、私の所属する日本写真家協会の高尾さんの音頭で飲み会を開いていただきました。その名も「大亀の会」。お店に行ったときにその看板がはってあったのにはずっこけましたがたいへん楽しい会となり感慨無量です。
あんまりにも楽しかったのでそのときの写真大公開

東京オープニング1.jpg 東京オープニング2.jpg

東京オープニング3.jpg 東京オープニング04.jpg

東京オープニング05.jpg 東京オープニング6.jpg

東京オープニング7.jpg 東京オープニング8.jpg

最後に高尾さん名幹事でした。感謝しております。

大亀京助
posted by フロイネッツ at 14:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。