2006年12月14日

済州島の「ハワイホテル」

ちょっと前になりますが11月の連休に、韓国の済州島へ行ってきました。
残念ながら仕事です。韓国に足を踏み入れたのは初めてです。
以前紹介した(2006/7/31分本州最南端の地、串本)
http://freunetz.seesaa.net/archives/20060731.html
でもUPしましたが、某大手釣具メーカーのカレンダーの撮影です。関空から飛行機に乗ること約一時間半、韓国の済州島はありました。以前、西表島や宮古島にも行きましたが、そこより断然近距離。この島はカジノや海水浴場、ゴルフ場などあって韓国きってのリゾート地、韓流映画、イ・ビョンホン主演「オールイン」の舞台ともなったところです。韓国はいるには、飛行機の中で入国カードに宿泊先や滞在期間など記入する必要があります。宿泊先のところで迷っていると私の座席の隣に座る釣り名人、N井氏が「そこは、ハワイホテルと書いといて」迷わず記入。
さあ、済州島に着きました。

BE9B4364.jpg
済州島空港

街の雰囲気は台風が多いせいか、沖縄に似た感じ。空港の周りには全長10メートルぐらいある長いリムジンがお出迎え、と思いきやその横を通り過ぎコーディネーターさんの4WDに。リムジンはカジノに行く人のお出迎えだそうです。賑わいがある街を通り過ぎ4・5十分。着きました済州島いや大韓民国 最南端の地。さっきの町並みがうそのようなべたべたな漁師町。「さあ着いたでぇ、ハワイホテル!」N井名人の声。なっ、なんとそこは漁港のすぐ横の潮の香り漂う海鮮食堂。

BE9B4370.jpg
ここが「ハワイホテル?」 漁港町の海鮮やさんでした

BE9B4430.jpg

ここがわれわれの宿泊地らしい。「アンニョンハセヨ!」海鮮やさんの奥さんらしきオバちゃんがニコニコしながら出迎えてくれました。階段を上がった二階に大宴会場と思われる大部屋がありました。なんとそこがわれわれの寝泊りする部屋だったのです。体育会系の合宿のような二泊三日の撮影の始まりでした。

BE9B4415.jpg
ちなみにその日の晩は海鮮キムチ鍋でした。
緑のとんがらしはめちゃ辛、
最後まで食べれませんでした。

つづく

大亀京助
posted by フロイネッツ at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。