2007年02月16日

ビックリしたなぁ、もう!

私、理想は電車通勤なのですが、車で帰宅することが多い今日このごろです。大阪のスタジオから西宮の自宅まで高速道路を使わず、1時間弱の道のりです。事件は自宅まであと300メートルのところでおきました。私の自宅は山側にあるものの山の中ではないことを先の記しておきます。普通の住宅街です。

私の車の前を並行して走る三つの物体を発見。

いのしし1.jpg

最初は野犬でもいるのかなと思っていたのですがそれにしても大きい。勇気を出して追い抜かしてみることに、、、。わかりました、物体の正体が。なんといのししの親子。大きないのしし2匹がウリ坊を挟んでの猛進?でした。
抜かしていく私の車には目もくれず走っていきます。たまたま持っていたコンパクトデジカメで撮影に成功。皆様にお見せできてうれしいです。

いのしし2.jpg

いのしし3.jpg


そういえば今年はいのしし年。これはなんかいいことがある前兆と確信したお幸せな私でした。
でも、西宮ってどんなとこやねん。いのしし走ってるかぁ〜しかし。

posted by フロイネッツ at 10:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

広島じゃけん

「お好み焼きは関西の食文化!」関西には沢山のお好み焼き屋さんがあります。
でも関西で広島のお好み焼きを食べるのは一苦労。ほとんどがメニューの中の一部で「広島風お好み焼き」となっています。うちの嫁(生粋の広島人)曰く、「なにゆーとん、広島のお好み焼きがホンマのお好み焼きで、こっちのお好み焼きが関西風なんよ。」と譲らず。そこでやっと見つかりました。広島のお好み焼き屋さん。その名もずばり「広島じゃけん」ドヤ、参ったかと言うぐらいのわかりやすいこの店名。ご店主は広島の酒どころ東広島市の西条出身、生粋の広島県人。

じゃけん1.jpg

店の中に入るとところ狭しと広島東洋カープやサンフレッチェのグッズそして懐かしい「おたふくソース」のにおい。「とりあえず 生ビールとイカ天焼いて!」このイカ天とはその名の通りコンビニでも売っているイカ天を鉄板で焼いておたふくソースをつけてたべるというシンプルなメニュー。ビールに合ってうまいんだなこれが。それをつまんでいる間にお好みを焼いてもらうというこれも広島流。うちの家はうどん派なのでうどん入りお好み焼きを注文します。

じゃけん.jpg

身近にこんなお店があってよかった。この店を教えていただいたのは子どもつながりのご家族。いつもお付き合いいただきありがとうございます。

私は中学生時代の部活の帰りに近所のお好み焼き屋によるのが習慣でした。そのときに習慣づいたのがマヨネーズのトッピング。マヨネーズ好きの私としてはこれが結構うまい。

じゃけん2.jpg

この店でも、マヨネーズをかけてもらうことに。そこですかさずうちの家内の一言、
「広島焼きにマヨネーズなんて邪道よ、邪道!」

だってうまいんだよねこれも。



posted by フロイネッツ at 23:03| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

写真家・松本コウシさん

同じ地元、関西在住の松本コウシさんは私の好きな写真家の一人です。風貌は一見、怖そうな、ややこしそうな、お兄さん。そしてポニーテール。しかし、付き合ってみるとこれが人間味あふれるいい男。先のとがったいかついメガネの奥に潜む優しい目が印象的。大学で彼の後輩ともあり、本人に向かって「コウシさん」なんて気安く呼ばしていただいておりますが、先輩には「馴れ馴れしいやっちゃなぁ」なんて思われてるかも。
先だっての私の写真展「旅の途中・ベルリン」に2度も足を運んでいただきました。「個展てな、いろいろな人が見に来てくれるけど、ほめてくれる人の話は聞かんでええわ。写真を見る人にはいろいろレベルがあって自分のレベルで見てものを言う人が多い。辛い意見言う人こそよう聞かなあかんねん。」と、いろいろ辛口の意見を言ってもらったひとりです。

そのコウシさんが写真展を開かれます。氏は夜の街を独自の手法で撮影しそれをまとめたのが写真集「眠らない風景」。そして第2弾「続・眠らない風景」を最近出版され、この写真展の開催となりました。
img356.jpg

なんともいえない雰囲気の写真に引き込まれそうです。是非みんなにも見てみていただきたい写真展のひとつです。キヤノンギャラリー銀座で2/8〜2/14まで開催、その後、仙台・大阪・福岡と巡回されます。詳しくは http://matsumoto.moo.jp/vision4/  まで
関連記事グラビア
フォトテクニック1・2月号(玄光社)
日本カメラ 2月号(日本カメラ社)

コウシさんが私の写真展を見て、いろいろ感想を述べた後、「でも、この写真展なかなかええんちゃう。君の出世作になるで。俺もいろいろ刺激になってわ。」と怖いながらも、嬉しい一言を頂きました。ほんま、ええ人です。
posted by フロイネッツ at 19:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

旅は続く〜

2月1日、個展「旅の途中・ベルリン」は1週間で4078人(富士フォトサロン調べ)もの人にご来場いただき、無事終了。たくさんの人に見ていただくことができ本当に嬉しく思います。ご来場いただいた方に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

このフジフォトサロン私の後の写真展が母校であるO阪芸術大学写真学科の卒業制作展。
余韻に浸る私の搬出が遅いのか?見るに見かねて?手伝っていただきました。私の同期のO原やMORIちゃん(この二人は母校に残って先生をしている)、そして恐れ多くもM岡教授にまで、たいへん恐縮いたしました。ありがとうございます。

個展最終日3.jpg 個展最終日2.jpg

搬出が終わってM岡教授が一言「高いでぇ!」。
このご恩は一生忘れません。

東京と大阪を終え、全てが終わったような気がしますがまだ福岡が残っております。
4/3〜4/14富士フォトサロン福岡にて開催です。福岡在住の方、そのとき偶然福岡におられる方、見そびれた方、是非お越しください。

個展最終日1.jpg
富士フォトサロン大阪

私、写真というものは発表した時点で全てが過去のものになると考えております。また出発点に立ったような気がします。過去のものに負けない写真を撮り、また発表していきたいと思っております。それまで皆様お楽しみに。旅の途中はまだまだ続きます。
posted by フロイネッツ at 10:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。