2007年07月25日

初体験、大釣り大会

また久しぶりの更新です。実はこれを更新しないと一部の方面の方々からお叱りが…

昨年の11月、紹介させていただいたhttp://freunetz.seesaa.net/archives/20061126-1.html
花嫁さんの中田ヒデ似の旦那さんのお父上は福井県高浜町唯一の遊漁船の船長さんでした。
その時、来賓として出席された我らが鬼軍曹様(いつもお世話になっている映像会社の本部長さん)がその時乗船の約束を取り付けておられました。今回、その話が現実のものとなったのです。

私、釣りの現場は仕事上なんどか経験しているのですが、実際釣るのはほとんど初めて。
鬼軍曹のお誘いに恐る恐る参加させていただきました。メンバーは軍曹のご子息を含む平均年齢45歳(ご子息のおかげでここまで下がりました)の男臭い7人衆。20人は乗れる大きな遊漁船で貸切状態のお大臣フィッシング大会となりました。中田ヒデからも船長ことお父上に連絡が入ってたらしく「絶対釣ってもらわないと」というプレッシャーで夜よく眠れなかったとか。

お昼の12時から船に乗り込み夕方までアジ狙い、かかると結構楽しい。でも超初心者の私は8メートルもある仕掛けに餌を付けるのともつれた糸をほどくので多くの時間が費やされました。大小合わせて10匹以上は釣れたかな。

日が暮れてくると場所を変えてイカ釣りに、船長のスイッチオンで船に吊ってある30個近くある大きなタングステンライトがいっせいにつく。イカがこの明るい船に寄ってくるのです。船長が釣れたイカをその場でお刺身にしてくれました。「メチャメチャ美味い。こんなん食べたこと無い。」周りを見渡すとイカ釣り漁の漁師さんの漁火が空の雲を照らしていました。

BE9B7868.JPG

その幻想的な状況の中、10時までイカ釣りは続きました。

翌日の朝からも釣りは続き、メンバー全員がクーラーを重くして帰ることが出来ました。

BE9B7808.JPG

DSC03361.jpg

船長曰く、イカ釣りでは今期最高の収穫だそうで たいへん楽しい経験でした。

軍曹様、大幹事ご苦労様でした。
メンバーの皆様お疲れ様でした。
そして、船長、本当にありがとうございました。

釣イメージのコピー.jpg

軍曹が「釣道具買いに行くのついて行きましょか。」って
いつもこんなに釣れるんだったらちょっとはまりそうかも。

posted by フロイネッツ at 15:15| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。