2006年08月06日

8月6日という日

DSC02493.jpg

私、関西に来て25年経ちます。広島市出身の私はこの年になっても、この日になると朝8時にはテレビをつけます。人類史上初めて原爆が落とされた日、その犠牲となった広島の平和式典を見るためです。広島では小学校のころから郷土広島という授業枠でこの日のことを勉強します。時には原爆資料の生々しい写真を見たり、語り部さんの衝撃的な体験談を聞いたり、そのおかげで給食が食べれなくなったりする友達もたくさんいるんですけど。小学生にとっては少々過激、でも、その同じ小学生の子をはじめたくさんの人たちが犠牲になり今の平和な日本があるのだと思います。無力の自分には何も出来ないけれど、せめてこの日が来ると、午前8時15分には平和を感謝したいと思います。

大亀京助
posted by フロイネッツ at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も広島から関西に来て25年。平和教育は確かに高校生になってもありました。母が6年生のとき私にとっては祖母が亡くなりました。今だに母はその時の事を話しません。「平和への感謝」大切な言葉。恥ずかしながら思い出しました。ありがとう。
Posted by purin purin at 2006年08月10日 20:07
purin purin様
世界情勢が不安定の中、真の平和が訪れることを願いましょう。
Posted by 大亀京助 at 2006年08月30日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21996114

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。